男のクレンジングのコツ|やり方や選び方を紹介します

ファンデーションやBBクリームの主成分は油分です。その為、しっかり落とし切らないと肌への負担が大きくなり、肌トラブルの原因にも。
そこで重要となるのがクレンジング。でも、ただ洗い流せばいいというものでもありません。やり方やクレンジング剤選びまでが重要となります。

「普段の洗顔じゃあダメなの?」と思う方もいるでしょう。
化粧の油性は、普段使っている洗顔フォームではしっかりと落とせません。やはり、メイク落としには、専用のクレンジング剤が必要です。

油は油で制す!

これがクレンジングです。

クレンジングのメリット

油で油を落とすクレンジングは、男性特有の「テカリ」や「ベタつき」など洗顔ではなかなか取れない過剰な皮脂も落としてくれます。

クレンジングでは化粧の油分を
洗顔では皮脂や古い角質を落とします!

 

クレンジング剤の種類と特徴

クレンジング剤もタイプによって、洗浄力や肌への負担が違います。
一般的には、洗浄力が強いものほど肌への負担が高いという事になるので、自分の肌の状態を考えて、クレンジング剤を選ぶ必要があります。
当然、ニキビがある方は、刺激の弱いものを選ぶ

それでは、洗浄力の強い順番にみていきましょう。

オイルタイプ

一番洗浄力の高いのが、このオイルタイプです。
しっかりと落とすことが出来ますが、必要な脂も落としてしまい肌の乾燥にもつながります。
濃いめのメイクした時に向いています。

クリームタイプ

オイルタイプほどではないが、洗浄力は高い。
保湿成分が配合されていて潤いをキープ、またクリームのクッション効果で肌への負担をおさえ乾燥しづらい特徴があります。
肌がカサカサする乾燥肌になりやすい方に向き。

ジェルタイプ

水性と油性があります。さらに水性にはオイルフリーとオイルインがあります。
ファンデーションを落とす場合は、メイク落ちがいいオイルイン水性ジェルか油性ジェルを使います。
ベタつかず肌への負担が少ない割に洗浄力もそこそこあります。

ミルクタイプ

洗浄力が弱めですが、肌への負担が少ないので敏感肌の方に向いています。
ファンデーションをしっかり落としきれない可能性も。

シートタイプタイプ

クレンジングの液をシートに含ませたもの。
ササッと手軽にふき取ることができます。 急いで落としたい方向き。
肌への負担も大きいわりには洗浄力が低い。

クレンジング剤の選び方

肌にあまりトラブルがない方は、オイルタイプを選びましょう。洗浄力が強い分、テクニック不要でスッキリと落とすことができます。
洗浄力が弱いとメイクをしっとり落とそうとしてゴシゴシ擦ってしまう恐れも。それだとかえって肌の負担になってしまいます。

ニキビなどが肌にトラブルがある方は、オイルインのジェルタイプから始めてみてはいかがでしょうか。
肌への負担も少なく、オイルタイプほどではないものの、洗浄力もあります。

クレンジング剤については、男性用が少ないので、こだわらず女性用でも問題ありません。
まず、肌に合う合わないを重視しましょう。

クレンジングのやり方

基本は、ゴシゴシと力強く擦ってはダメ、コツは汚れとなじませる事。汚れを浮かすイメージです。
汚れを巻き込むようにクルクルと指で回しながらなじませましょう。しばらくすると指先の感触が変わるのが分かります。
これがクレンジング剤と化粧が馴染んで浮いた証拠です。

洗顔の時にはやらなかった作業ですね。
それでは、具体的にみていきましょう。

1.クレンジング剤を適量にとる

手に適量のクレンジング剤をとります。
量が少なすぎると摩擦の原因に、多すぎると落ちにくくなるので、決められた使用量を守りましょう。

2.よく馴染ませる

ほほ・おでこ・鼻・あごの計5か所にのせてからまんべん馴染ませます。
馴染ませる順番に決まりはありませんが、一般的にはほほやおでこなどの広い部分から手のひら全体で馴染ませていき、デリケートな目もと口周りは最後の方で、指先で特に優しくなじませていきます。

3.ぬるま湯ですすぐ

水で洗い流すと固くなり、肌に残りやすくなってしまいます。
人肌程度のぬるま湯ですすぎ流しましょう。

クレンジングのポイント

しっかりとメイクを落とすポイントは、しっかりと「乳化」させることです。
何か聞き慣れない言葉ですが、 乳化させないまま洗い流すと、メイクは落ちきらないうえ、クレンジング剤も肌へ残ってしまい肌トラブルの原因になりかねません。
もし、洗い流しても肌がベタベタする、メイクの落ちが悪いという方はこの「乳化」がうまくいっていない証拠です。

乳化とは

水と油が混ざり合った状態のこと。
クレンジング剤の場合、主成分であるオイルに水を数滴含ませて馴染ませること

乳化させる事で、水とオイルが混じりあい、メイクや皮脂汚れをさっぱりと洗い流すことができます。
乳化のタイミングは、クレンジング剤によって違います。馴染ませているうちに肌全体がうっすらと白くなり、手ざわりも変わる感覚が分かるはず。それが乳化の合図になります。

どのクレンジング剤でも乳化は必要?

油分が含まれるクレンジング剤については、乳化が必要。
つまり、オイルフリーのジェルタイプとシートタイプ以外はすべてになります。

毛穴の黒ずみも

毛穴の黒ずみは、「過剰な皮脂が毛穴に詰まっている」「メラニンが沈着している」などが原因。
クレンジングでこの汚れを毛穴の奥からしっかりとれば、毛穴の黒ずみを目立たなくする事が出来ます。

まとめ

肌トラブルがない限り、男性なら洗顔一本できた方も多いでしょう。
しかし、ファンデーションを使うようになると、スキンケアの中ではクレンジングを重視しなければなりません。

青ひげやニキビを自然に隠したいのに、肌のコンディションが悪いと“塗り”も悪くなり、上手く隠せなくなってしまいます。つまり、クレンジングの良し悪しは、ファンデーションの塗りにも影響するのです。

始めに意味を理解し、正しいやり方や選び方をする事で肌トラブルを防ぎつつ、しっかりとメイクを落としましょう。