急なニキビや青ひげにも!男のコンシーラーの使い方まとめ

急に目立つところにニキビができてしまった・・・

こんな時の緊急対策として、ピンポイントでササッと隠せるコンシーラーがオススメ。
手軽に目立たなくさせることができます。

また、「青ひげを隠したいけど、顔全体にファンデーションを塗のは・・・」と抵抗のある男性も多いのではないでしょうか。
確かに化粧がはじめての男性なら、いきなりファンデーションもハードルが高いかもしれません。

こんな時も、コンシーラーが重宝します。

コンシーラーとは

別名部分用ファンデーションともよばれ、クマや青ひげ、ニキビ跡など気になる肌の悩みを効果的に隠します。

ファンデーション無しでも青ひげやニキビ跡に塗れば、ピンポイントでカバーが可能。
もちろん、ファンデーションを塗った時に完全に隠しきれない部分をコンシーラーがでカバーする事で、重ねて塗りも防ぎます。

コンシーラーのメリット
・気になる悩みを手軽に隠せる
・部分的にも使えるので、バレにくい
・ファンデーションより手軽に使える

コンシーラーの種類

コンシーラーにも、幾つか種類があります。
それぞれに向き不向きがありますが、

ペンシルタイプ

固い質感で油分も少ない。
細かい部分に向いていて、小さいニキビ跡をピンポイントで隠したい時に使います。

スティックタイプ

ぴったりと肌に密着してカバー力が高い。
口紅のような形状をしていて、固いタイプとやわらかいタイプがあります。
固いタイプはニキビ、やわらかいタイプは、目の下のくまや青ひげを隠すのにおすすめします。

クリームタイプ

クリーム状でのびがよく、カバー力も強い。
顔の中でも皮膚が薄い目元に重宝します。目の下のくまを隠したい時に使いましょう。

リキッドタイプ

ファンデーションに最も近く肌に馴染みやすく塗りやすいので、顔全体のカバーに向いています。
ファンデーションでは隠し切れなかった青ひげをしっかり隠したい時に使います。

コンシーラーの使い方

伸ばすときは指を使うと、コンシーラーが浮いたり、厚塗りになることなくキレイにカバーできます。

基本の使い方は

1..コンシーラーを指の腹にとり、手の甲でなじませる
2.カバーしたいところにのせる
3.薬指で丁寧になじませる

と簡単。

後は、気になる場所によって、気をつけるポイントが幾つかあります。

青ひげ

青ひげを完全に隠すとなると、厚塗り感がでてバレてしまう恐れがあります。
そこでコンシーラーだけを使う場合は、「隠す」というよりは「目立たなくさせる」という意識で塗っていきます。
特に気になる青ひげ部分的にコンシーラーをのせて基本通りのばしていきます。肌との境界線はポンポンと叩いて馴染ませましょう。

ニキビ

全体にファンデーションを塗るほどでないポツポツニキビは、ピンポイントで部分的に隠します。
ニキビの中心にクリームを少しのせ、中心から指で軽くトントンと叩くようになじませまながら徐々に広げていきます。

目の下のくま

デリケートな部分ですから、慎重に仕上げます。
目の下のくまにポンポンと何回かに分け、外側に向けて少しずつのせていきます。
あとは、叩き込むようになじませれば完成です。

市販のコンシーラーの選び方

何を重視するかによって選び方も変わるでしょうが、一番重視したいのが、コンシーラーの色。
あとは、コスパも大事ですが、ニキビなどのトラブル肌に塗る場合は配合成分にも注意します。

肌色を合わせる

目的は、青ひげやニキビを自然に隠す事。肌の色に合うコンシーラーを使わないとバレてしまいます。
なるべく自分の肌色に寄せたものを選びましょう。
隠したいという意識からついつい濃いめの色を選んでしまいがちですが、あくまでも自然な仕上がりを重視して肌の色より少し薄い色を選ぶことがポイントです。

メイクアップ化粧品のサンプルがある店に行って、片方の手の甲に塗ってみて反対側の手の色合いと比較してみてください。
前もって自分の肌色がどれか分かれば、今後選びやすくなります。

配合成分をチェック

ニキビやニキビ跡、目の下のくまを隠したい場合は、あまり刺激がないコンシーラーがオススメ。
その為に配合成分に注目して、スキンケア成分が配合されているものを選びましょう。
中には、ニキビに有効な成分を配合しているものもあります。

おすすめコンシーラー

残念ながら、男性用コンシーラーは、まだまだ少ないのが現状です。
ですから、コンシーラーではなく、BBクリームで代用している男性がほとんど。肌との色が合わず女性用を使っている男性も少なくありません。

ここで紹介するのは、男性用コンシーラーにこだわりました。
なぜなら、男性用は男性の肌色に合わせているので、自然な仕上がりにできるからです。

FIVEISM×THREE コンシール バー

価格:5,200円(税抜)

数少ない本格的な男性用のコンシーラー。
カラーも豊富で自分に合った色が見つかります。
ニキビなどの肌トラブルもあまりひどくなく、コスパも気にしないなら、これで決まり。

NULL メンズ BBクリーム

価格:2,000円(税抜)

コンシーラーとして使っている男性も多い 人気のBBクリーム。
よく馴染んで自然な仕上がりになります。

メンズアクネバリア

価格:1,500円(税抜)

ニキビが目立つ方はこちらのコンシーラー。
ニキビにアプローチする薬用有効成分を配合。隠しながら予防します。
刺激が少ないので、肌が弱い人にも向いています。

まとめ

コンシーラーの使い方が分かれば、ピンポイントでカバーしてきれいなお肌に見せることができます。
より自然な肌に見せるコツは、肌の色に近いものを選ぶこと。後は、どの部分に使うかによってタイプを選びましょう。

急な肌トラブルの緊急対策や顔色をよく見せるためのしっかり対策のどちらにも使い勝手がいいですから、はじめての方はファンデーションより、コンシーラーから使ってみてはいかがでしょうか。