これでバレない!メンズBBクリームの使い方

最近では、男性用のBBクリームもちらほら見かけるようになりました。
これは、男性が身だしなみの一つとして使うことが当たり前になってきていてるからでしょう。

青ひげやニキビ、くまなどの肌の悩みを素早く隠すBBクリーム。
下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラーなど、これ一つで何役もこなす、肌をキレイにみせるためには欠かせない化粧品です。

ただ、自然な仕上がりにみせれるかどうかは使い方次第。
そこでメンズBBクリームの特徴や塗り方、選び方などをみていきたいと思います。

メンズBBクリームは何が違う?その効果とは

男性用より女性用のBBクリームの種類が多いので、女性用を使っても良いような気がしますが、やはり男性用を使うことをオススメします。
なぜなら、女性用と男性用には、ハッキリとした違いがあるからです。

女性用との違い

男性と女性は、肌質が違います。

男性の肌は女性よりも2倍近い皮脂量が分泌されるため、汗やテカリ、ニキビトラブルも女性より多いです。
この事からメンズBBクリームは、カバー力が強く崩れにくくなっていたり、ニキビなどの肌トラブルを考えスキンケア成分が配合されています。
また、肌の色にも違いがあるので、 女性用のBBクリームを使うと肌になじまずにばれてしまう恐れがあります。

 

美肌メイクを好む女性と自然な仕上がりを好む男性とBBクリームのニーズにも違いが。

自然にみせる塗り方

自然にみせるコツは、均一に薄くのばすこと。
特に生え際や首には境界線ができないように、丁寧に薄くのばしてください。

「隠したい」が気持ちが強すぎて、塗りすぎるのには要注意。逆にすぐバレてしまいます。
また、慣れないうちは、BBクリームを手の甲には出し過ぎることも。
もったいないので使い切ようとすると、塗りすぎの原因になります。気持ち少なめに出すように意識しましょう。

手順

  1. 手の甲に適量のクリームをとります。
  2. ほほ・おでこ・鼻・あごの計5か所にクリームを少しずつのせていきます。
  3. 顔の中心から外側に向かって均一に指の腹でのばしていきます。
  4. 生え際や輪郭との堺がないように薄くのばしてなじませます。

肌になじみやすくさせるためには、メイクアップ前に洗顔、化粧水などのスキンケアをしましょう。
よりBBクリームがなじみやすくなります。

ポイント塗りも効果的

疲れや寝不足顔など、不健康そうに見える目の下のくまやニキビ跡の赤み、ちょっとできたシミなど、部分的に隠したい時はポイントで塗るのも効果的です。
この時は、塗るというより軽く叩いてなじませるのがポイントです。

くまの塗り方
手の甲に少量のクリームをとります。
目もとにクリームを少しのせます。
内側から外側へ指で軽くトントンと叩くように薄くなじませます。

ニキビ・シミの塗り方
手の甲に少量のクリームをとります。
気になる部分の中心にクリームを少しのせていきます。
外側へ薄くなるように指で軽くトントンと叩くようになじませます。

落とし方も重要

普段の洗顔と大きな違いは、クレンジング(化粧落とし)を使う事。
BBクリームは肌への負担も大きいです。落とす際にはクレンジング剤を使い、しっかりと洗い流してください。
カバー力が強いBBクリームは、落ちにくくなっています。しっかり落とさないとニキビや肌荒れの原因に。

 

「いつもの洗顔フォームでもいいのでは」では間違い!
メイク落とし専用であるクレンジング剤を使おう!

肌との相性も大事

理想のクレンジング剤は、「しっかり落とせて、肌への負担が少ないもの」。
一般的にクレンジング力の強いものは、肌への負担が大きい傾向にあります。

クレンジング剤で言えば、落とす力は、オイルタイプが一番強く、次にジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、シートタイプの順でだんだんと弱くなります。
「だったらオイルタイプを選べばいい」という話になりますが、肌への負担も大きいBBクリームを使った後に更に刺激が強いものを使うと肌のトラブルリスクが高まります。

肌が荒れてしまうと、BBクリームの塗りも悪くなり、自然に隠せなくなってしまいます。
使うBBクリームにもよりますが、まずは真ん中のクリームタイプあたりから使ってみましょう。

あなたは色白?色黒?よりばれないメンズBBクリームの選び方

BBクリームの塗り方・落とし方は分かりましたが、最も肝心なのは、「色合い」です。
青ひげやニキビ、くまを隠すという目的上、幾ら塗るのがうまくても、自分の肌色とかけ離れたBBクリームを使えば、すぐにばれてしまう恐れも。

選び方の基本は、使うBBクリームは自分の肌色に寄せたものにする。
至ってシンプルですが、これに尽きます。
ただ、男性用BBクリームはまだまだ種類が少なく、自分の肌色に合わないという方も多いのでは。

なるべく色白ならは明るい「ライト」系、色黒の方なら暗めの「オーラル」系のBBクリームを選びましょう。

店にサンプルがあれば、片方の手の甲に塗ってみて反対側の手の色合いと比較しましょう。肌にあっているか分かります。

人気のnullよりオススメ!最新ファンデーション

人気のメンズBBクリームと言えばnull BBクリーム
「肌トラブルを自然に隠せる」と評判も上々です。

しかし、肌色のバリエーションが少ないので、「うまく塗ったつもりがバレバレ」というユーザーも多いです。
これはnull BBクリームに言える事ではなく、メンズBBクリーム自体が少ないので、

先ほども触れていますが、よりばれないようにする簡単な方法は、肌に近いBBクリームを使うこと。

「なかなか自分に合うBBクリームが見つからない」と苦労しているユーザーにオススメなのが、「FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)」。化粧業界初の男性コスメブランドです。

その中には、男性用のファンデーションもラインナップされています。

自分に合う色が見つかる注目ファンデーション

FIVEISM × THREE(ファイブイズム バイ スリー)」は、化粧品大手のポーラ・オルビスグループの子会社ACRO(アクロ)が提供する男性コスメブランドです。
メンズファンデーション「ネイキッドコンプレクション バー」は、カラーバリエーションはなんと15色!色白肌から色黒肌まで幅広く肌の悩みをカバー。

男性が使うことを意識した注目のファンデーションです。

初心者でも失敗しないような工夫がされている

チューブではなくスティックタイプ。
手軽に使えるだけでなく、正確に塗ることもできます。
これなら忙しい朝でも簡単に塗ることがOK。
密着度が高く肌とぴったりフィットするので、時間が経っても浮いてきたり、ムラになったりしにくいです。

  • スティックを5ミリ繰り出します。
  • 2.頬、Tゾーン、アゴ先に直接のせます。
  • 3.中指と薬指で顔の中央から外側に向かってなじませていきます。

密着度が高く肌とぴったりフィットするので、時間が経っても浮いてきたり、ムラになったりしにくい。
サラサラとのびのよい感触で塗りやすい

まとめ

一つで下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラーなど、多機能なBBクリーム。
青ひげやニキビ、くまなどを素早く隠せますが、バレるかバレないかは使い方次第。
自然な仕上がりになるように自分の肌色に合ったBBクリームを選び、薄く均一にのばすような塗り方を意識しましょう。

もし、自分の肌色に合ったBBクリームがなかったら、「FIVEISM × THREE」のネイキッドコンプレクション バーに注目。
15色もあるので、きっとあなたに合う色があるはずです。
こちらは、あくまでもファンデーションですから、下地も使うことをオススメします。

肌トラブルを化粧品ででカバーするのは、もはや男性の身だしなみの一つとして当たり前になってきていています。
「顔色が悪いので印象がよくない」「青ひげや肌荒れが気になる」など方は、使って